理想のフィンを追求すべく、ワールドクラスのトップサーファーが集結。


それがKINETIK RACING -KR- 。


現代のオージー・シェイパーを代表する一人であるJason Stevenson。


彼は、これまでにシェイピング以外にも、futures.とFCSといった世界有数のフィンカンパニーと共に5年以上に渡り、フィンデザインに関わるプロジェクトに参加してきた。


Jasonは、パフォーマンスボードの性能を更に高めるようなフィンをより多くデザインしていくうちに、フィンのデザインをより一層深める必要性を感じていた。


そうした思いにより、KINETIK RACING COMPANYを設立した。


KINETIK RACINGチームは、Bruce Irons, Joel Parkinson, Mark Occhilupo, Dusty Payne, Jack Freestone, Adrian Buchanといった世界各国のサーファーが尊敬して止まないトップレベルのライダー陣で構成されている。


Jasonは、それぞれのライダー達の意見を積極的に取り込み、それをKRフィンのデザインコンセプトに反映させた。


KRフィンは、様々なサーファーやスタイルをカバーする幅広いサイズレンジは当然ながら、futures.とFCSのシステムにも対応すべく、2種類のベースまでも作り上げた。そして、Jasonが最もこだわったというフォイルは、クイックなリリースを実現する薄くシャープなティップ部分と対照的に、厚みを持たせたベース部分がテールエリアの揚力を増大させることで、結果的にスピードを生み出す。


こうした努力が功を奏し、世界各国に一気にKINETIK RACINGの名を世に広めることとなった。


更にKRの次のステップは、ターンの延びや強度などを進化させ、より理想的なフレックス特性を実現するための技術革新や、フロントとバックフィン(ツインプラスワン)のコンビネーションのアレンジなど、一流のチームライダーから得られる様々なアイデアを取り入れ、より一層サーファーに必要不可欠なフィンの開発を進めている。


今後もKRフィンは、世界各国のサーファー達にとってベストとなるべく、フレックスコントロールの効いたライトウェイトフィンを作り出すほかに、あらゆる波のコンディションや一人一人のサーファーが納得するフィンをリリースすることをモットーにしている。